風に吹かれて・・・

野山で見かける・・・花、鳥、蝶

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ギンリョウソウ

トケンランが咲いているかなと様子を見に行ったが未だ全くの蕾だった。
変わりに未だ咲いていないだろうと思ったギンリョウソウ(銀竜草)が白い蝋細工のようにもう咲いていて嬉しい驚きだ。
ギンリョウソウ

葉緑素を持たないので菌と共生して栄養分をとっている。ラン科なのかなと思ったがイチヤクソウ科だった。
ギンリョウソウ

落ち葉をむっくり押し上げて頑張っている。今年は咲いているだろうと思ったのが咲いていなくて未だ咲いていないだろうと思ったものが咲いていて季節感が狂ってしまった。
ギンリョウソウ
スポンサーサイト

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2008/05/31(土) 19:37:10|
  2. 野の花
  3. | トラックバック:0

アリスイ

農道をゆっくり走らせていると木の股に茶色の鳥が蹲っている。機敏に飛び回る他の小鳥と違って動かない。
よく見るとアリスイで今春2回目の出会いだ。
アリスイ

木の股に擬態でもしているかのように動かないがこちらを気にしているようだ。
アリスイ

立ち上がって少し場所を移した。こちらを警戒しているようなので少し離れて距離をおく。
アリスイ

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真

  1. 2008/05/30(金) 17:56:23|
  2. 野鳥
  3. | トラックバック:0

サルメンエビネ

毎年遊歩道脇に花を咲かせるサルメンエビネ(猿面海老根)、咲き出しは小さいが葉がぐんぐん伸びて大形の草姿になる。 
sarumenebine52.jpg
     [サルメンエビネ]の続きを読む

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2008/05/29(木) 18:27:48|
  2. 野の花
  3. | トラックバック:0

森の散歩 キビタキ

森を散歩すると野鳥の鳴声は聞こえても葉はすっかり繁り姿を見つけ出すことは難しくなってきたが
キビタキは樹林下の低いところを飛びながら移動するので姿が見やすい小鳥だ。
時には姿に似ていない振動音のような音を出しながら飛んで行って枝に止まるので驚かせる。
キビタキ
[森の散歩 キビタキ]の続きを読む

テーマ:動物の写真 - ジャンル:写真

  1. 2008/05/28(水) 06:04:43|
  2. 野鳥
  3. | トラックバック:0

オオバタチツボスミレ

急に大形のオオバタチツボスミレの優艶な紫花を見たくなり月形町の湿地へ出かけた。
スミレの中では大形の部類で花色は淡い紫から濃い紫まで変化が多い。花弁全体にスジの入っている濃い紫の花が出迎えてくれた。
風が強く曇りの天気にもかかわらず明るく暖かい気分になった。絶滅の危険が増大している種。
オオバタチツボスミレ

オオバタチツボスミレ

オオバタチツボスミレ

オオバタチツボスミレ

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2008/05/27(火) 17:58:49|
  2. 野の花
  3. | トラックバック:0

ミドリガメ

亀が甲羅干しをしていた。ミドリガメらしい。お祭りの露店で売っている緑色の小さい亀が捨てられて
大きくなったらしい。
別名ミシシッピアカミミガメ、耳の部分が確かに赤い、成長すると赤ちゃんの時の緑色は消えて黒くなり体長30センチ弱までなるらしい。
北海道では寒くて繁殖はしないようだが日本全国に増えつつあるという。
ミドリガメ

ミドリガメ

テーマ:動物の写真 - ジャンル:写真

  1. 2008/05/27(火) 06:32:43|
  2. 野生の生き物
  3. | トラックバック:0

コサギ

対岸に白鷺が2羽くつろいでいる。足も嘴も黒く2本の長い冠羽と飾り羽が目立つ。北国では珍しい初見のコサギのようだ。
アオサギ

長いくちばしと胸の飾り羽。
アオサギ

冠羽と飾り羽が美しい。
アオサギ


テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真

  1. 2008/05/26(月) 20:07:34|
  2. 野鳥
  3. | トラックバック:0

ノスリ

草原の上をノスリが旋回している。
ノスリ

ノスリ

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真

  1. 2008/05/25(日) 15:02:41|
  2. 野鳥
  3. | トラックバック:0

感動的赤ノゴマ

普段は深い藪の中に潜んで姿を見せないノゴマ。笹薮から低木や潅木が見える所まで姿を隠ししゃがんで待つ。
やっと姿を現してくれた。感動的な鮮やかな赤い喉を震わせて仕切に綺麗な声で鳴いている。
ノゴマ
[感動的赤ノゴマ]の続きを読む

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真

  1. 2008/05/24(土) 07:47:47|
  2. 野鳥
  3. | トラックバック:0

アカゲラの巣

アカゲラが飛び回るのでよく見ると巣があり近づくムクドリやコムクドリを執拗なくらい追いかけて巣を守っているようだ。
変わったこと無かった?とでも話かけているようにもみえる。
アカゲラ
[アカゲラの巣]の続きを読む

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真

  1. 2008/05/23(金) 07:24:45|
  2. 野鳥
  3. | トラックバック:0

野の花

ルイヨウショウマ キンポウゲ科 薄暗い林の中で白い花が綺麗だった。
ルイヨウショウマ
[野の花]の続きを読む

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2008/05/22(木) 20:10:24|
  2. 野の花
  3. | トラックバック:0

ノゴマ

去年旭岳へ花を写しに行ったときに姿をよく見たが写真に撮ったのははじめてだ。
花専用に90mmで写せなかったので今年平地で真っ赤な喉を見たときは嬉しかった。
雄だったから赤い喉に引かれて写したが若し雌だったら何の小鳥か分からず写していないに違いない。
ノゴマ

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真

  1. 2008/05/22(木) 06:03:47|
  2. 野鳥
  3. | トラックバック:0

チゴハヤブサ

今にも雨が降りそうな曇り空の下、枝の混みあった木の中から警戒にも近いキィキィと甲高い鳴声が聞こえる。
やっと鳴声の正体を捉えた。カラスより小さくヒヨドリより大きい黒い塊りとしか見えない。
時々数羽の群れが飛ぶ姿はツバメのようにも見える。農家の納屋にも近いのでツバメが営巣しているのだろかと分からないまま帰る。
家でpcで見ると黒い塊りとしか見えなかったがチゴハヤブサだった
チゴハヤブサ
[チゴハヤブサ]の続きを読む

テーマ:動物の写真 - ジャンル:写真

  1. 2008/05/21(水) 05:31:33|
  2. 野鳥
  3. | トラックバック:0

ホソバノアマナとサクラソウ

今年も大好きなホソバノアマナが咲き出した。
何時も見る時は茎が細く花が咲き出すと花の重さに耐えられず地面に寄りかかるように咲いているか弱い花だ。
ホソバノアマナ

ホソバノアマナ

サクラソウが見たくても今は胆振、日高方面へ行かなければ見られない。
サクラソウ科の花に惹かれるのも昔見た原風景か日本古来のDNAなのかもしれない。
桜の花に惹かれるように。
サクラソウ

サクラソウ

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2008/05/20(火) 19:10:02|
  2. 野の花
  3. | トラックバック:0

開園前の遊園地

未だ草が朝露に濡れている開園前の遊園地へ行ってみた。
仕切りの柵と歩道の境目に何か茶色いものがじっとしている、犬だろうなとカメラを構えてファインダーを覗くと兎だ。
こちらの様子を窺っていたのだろうが走り出したので慌ててシャッターを押した。
yukiusagi

一寸走るととまった、毛色は夏毛の茶色に変わっているがユキウサギに違いない。
こんな所へまで出没して出会ったのにも驚いたが最初見たとき完全に中型犬と思い込むほど大きいのにもビックリした。
yukiusagi

仕切りの柵にとまったホオジロ。
hoojiro

ゴーカート脇の古タイヤの上で、遊園地は野生の生き物の遊び場にもなっているようだ。
うちのカミさんは朝飯前に蕨を取るのに夢中だ。
hoojiro

テーマ:動物の写真 - ジャンル:写真

  1. 2008/05/20(火) 08:03:45|
  2. 野生の生き物
  3. | トラックバック:0

フデリンドウ

今の季節になるとフデリンドウが咲いたかなと気になり、咲いている姿を見るまで落ち付かない。
最初此花は日が差さないと咲かない事も知らないで雨模様の曇りの日に探し歩いた事が懐かしい。
小さな小さな春に咲くリンドウだからゆっくりゆっくりかなり気を付けて歩かないと見落としてしまう。
そんなリンドウだから落ち葉の中に青い花を見つけると感動に近い嬉しさだ。
フデリンドウ
[フデリンドウ]の続きを読む

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2008/05/19(月) 20:00:10|
  2. 野の花
  3. | トラックバック:0

シジュウカラ

10日前の桜の花の咲く頃を思い出して。陽気が暖かく穏やかな春の陽の中でシジュウカラも嬉しそうだ。
伊達市有珠町善光寺で5月8日桜が未だ満開、観光で行ったのに遂々小鳥や野草に目が(笑
昨日桜前線が最終地根室へ到着、開花宣言され日本列島の桜の季節もこれで終わった。
シジュウカラ

シジュウカラ

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真

  1. 2008/05/19(月) 06:04:00|
  2. 野鳥
  3. | トラックバック:0

ユウシュンラン

ユウシュンてどんな字、優駿?優春?勇俊?じゃなくて祐舜蘭。植物学者工藤祐舜に因んで付けられたそうだ。
ラン科でギンランの変種、背の高さ10数センチと小さなランで葉は退化し鱗片状。
どんな植物も進出しないような薄暗い所やひどい瘠せ地でも健気に葉を退化させながらも生育している。
絶滅の危険が増大している種で環境省カテゴリー絶滅危惧?類(VU)
何故か惹きつけられる大好きな植物だ。
yuusyunran41.jpg
[ユウシュンラン]の続きを読む

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2008/05/18(日) 19:50:47|
  2. 野の花
  3. | トラックバック:0

葦原

オオジュリン
オオジュリン

上の画像オオジュリンをトリミング
オオジュリン

オオジュリン
オオジュリン

ノビタキ
ノビタキ

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真

  1. 2008/05/18(日) 07:26:27|
  2. 野鳥
  3. | トラックバック:0

オオルリ

久しぶりの出会いだったのに逆光のうえ葉が茂って暗いので殆ど失敗で証拠写真になてしまった。
葉が茂ってくるとAFはピントが合い難いしよく動く小鳥はマニュアルフォーカスの暇ないし・・・
オオルリ

オオルリ

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真

  1. 2008/05/16(金) 05:45:44|
  2. 野鳥
  3. | トラックバック:0

ニュウナイスズメとオシドリ

遊歩道の直ぐ脇にニュウナイスズメが巣を作ったようだ。巣穴は通路側の反対なので林内を歩く人は
誰も気付かない。
人の気配を感ずると頭を出して様子を窺うのが可愛い。
ニュウナイスズメ

ニュウナイスズメ

春池にやって来るオシドリは警戒心が強く時々姿を現しても何時も池の向こう岸で今は雄ばかりだ、もう繁殖に入っているのだろう、トリミング。
オシドリ

オシドリ

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真

  1. 2008/05/15(木) 07:32:23|
  2. 野鳥
  3. | トラックバック:0

悩ましいタテヤマリンドウ

タイトルは悩ましいタテヤマリンドウとしたが北海道レッドデータブック、カテゴリーには全く似たリンドウにハルリンドウが有り希少種(R)とされている。
北海道RDBにはあるのに梅沢 俊 著 「新北海道の花」にはハルリンドウが載っていない。RDBにあってこの本には載っていないから悩ましい花なのである。
タテヤマリンドウ

花色は白から淡い青まで変化が多い。
タテヤマリンドウ

タテヤマリンドウ

                  中には白い花色も時々ある。
       タテヤマリンドウ

テーマ:山野の花 - ジャンル:写真

  1. 2008/05/14(水) 19:29:11|
  2. 野の花
  3. | トラックバック:0

春のエゾリス

公園の林道を歩いていると足元からガサガサ何か聞こえる。口一杯に枯れ草を銜えたエゾリスだった。
銜えたまま脱兎の如く林道を横切り走ってゆき木の幹を登った。この木の裏側に巣があるのかもしれない。
暫く人馴れしていないのか固まったまま警戒してしていたが安心したのかやった動き出した。
エゾリス

エゾリス

エゾリス

エゾリス

テーマ:動物の写真 - ジャンル:写真

  1. 2008/05/14(水) 06:01:30|
  2. エゾリス
  3. | トラックバック:0

春の野の花

スプリング・エフェメラルの季節も嵐のように過ぎ去り息も付かせず春の野の花が次々咲き出し春の妖精を埋め尽くす。ワスレナグサムラサキ科。
ワスレナグサ

                   ムラサキハナナ別名ハナダイコン、アブラナ科
        ムラサキハナナ

                          オドリコソウ、シソ科   
        オドリコソウ


                         シャク別名コジャク、セリ科
        シャク

テーマ:山野の花 - ジャンル:写真

  1. 2008/05/13(火) 20:22:50|
  2. 野の花
  3. | トラックバック:0

初見メジロ

図鑑を見ると留鳥として全国に普通となっているが北国では普通ではないし留鳥ではない。
暖かい地区では一部越冬するようだが春になると暖かい地方からやって来る夏鳥で稀に目にする程度である。
そのメジロを初めて見た。十数羽の群れで木から木へと移動し瞬時もじっとしていない気忙しい小鳥だ。
11~2センチの小さな体で津軽海峡を渡って来ると思うと感動する。道南地方からとしてもかなりの距離だ。
本州では市街地の公園や庭木の花へ吸密にやって来る身近な小鳥なのに
群れで行動するのも非常に警戒心が強いのも渡りの習性の為なのかもしれない。
メジロ

メジロ

メジロ

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真

  1. 2008/05/13(火) 06:56:05|
  2. 野鳥
  3. | トラックバック:0

ホロムイツツジ(幌向躑躅)

ツツジ科のホロムイツツジは細い枝先に壷形の白い花を数個行儀良く1列に並べてぶら下がる。
草のように見えても常緑の小低木、低地の湿地、湿原に生えるので別名ヤチツツジ(谷地躑躅)とも。
地味でこれという飾りっ気も無いのでうっかりしていると見落としてしまいそうだがRDB絶滅危惧種?B類の植物だ。
人っ子一人いない褐色の春の湿地に何となく似合う野草である。
ホロムイツツジ

ホロムイツツジ

ホロムイツツジ

テーマ:山野の花 - ジャンル:写真

  1. 2008/05/12(月) 18:27:30|
  2. 野の花
  3. | トラックバック:0

ウグイス

極普通の夏鳥だが囀りは聞こえても中々姿を捉えられないウグイスをやっと写した。
ウグイス

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真

  1. 2008/05/12(月) 06:04:10|
  2. 野鳥
  3. | トラックバック:0

アオジ

夏鳥アオジがよく目につく季節になってきた。
アオジ

アオジ
[アオジ]の続きを読む

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真

  1. 2008/05/11(日) 05:05:29|
  2. 野鳥
  3. | トラックバック:0

ホオアカ

ホオジロ科夏鳥ホオアカが潅木の枝で囀っている。茶色の頬が可愛い。
ホオアカ

喉にT字型黒帯、その下は茶褐色の横帯。
ホオアカ

上機嫌で囀っている、上空をノスリが旋回しているよ余り夢中になって自分を忘れないで気を付けて。
ホオアカ

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真

  1. 2008/05/10(土) 07:09:09|
  2. 野鳥
  3. | トラックバック:0

続々と春の花

野の花とは思われないふくよかで艶麗なシラネアオイがもう咲いている。今年はすべての野の花が早い。
シラネアオイ

シラネアオイ

シラネアオイ

ツルキジムシロも咲き出して次々咲く色々な野の花に付いてゆくのに息が切れる。
ツルキジムシロ

小さな小さなフデリンドウも精一杯自己主張している。
フデリンドウ

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2008/05/09(金) 06:10:58|
  2. 野の花
  3. | トラックバック:0
次のページ

プロフィール

minamina117

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

カレンダー(月別)

04 ≪│2008/05│≫ 06
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

フリーエリア

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。