風に吹かれて・・・

野山で見かける・・・花、鳥、蝶

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

野の花カイジンドウ

カイジンドウってどんな花??
おどろおどろしい名前ですね(@_@)
地味な花で決して美しいね、綺麗だねとは云えないかも知れませんが
シソ科の花で甲斐と関係があるらしく、ジンドウは「竜胆」が訛ったのではないかとか
「神頭」を当てている本もあります。近い将来に絶滅する危険性が高い種となっていますので大事にしたいですね。空知地方岩見沢公園。
kaijindou108.jpg

kaijindou120.jpg

kaijindou01.jpg

スポンサーサイト

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2007/06/27(水) 06:37:01|
  2. 野の花
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

トキソウ

美唄湿原へトキソウを見に行ってきました。他に咲いている花はありませんでしたが
トキソウだけが満開でした
ツボミと正面と横向きの花姿です
tokisou31.jpg

tokisou16.jpg

tokisou24.jpg

湿原に咲いているはトキソウだけだったので、湿原の周りを歩くと
ノハナショウブ
エゾノサワアザミがもう咲きだしていました
ノハナショウブは園芸品種花菖蒲の原種です
nohanasyoubu42.jpg

エゾノサワアザミは湿地に咲き葉が櫛の歯のように細く裂けているので直ぐわかります
ezonosawaazami51.jpg

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2007/06/25(月) 20:49:40|
  2. 野の花
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

スイレン

久し振りに公園へ行って来ました
スイレンがもう咲いているのでビックリしました
季節の流れは物凄く速いのでのんびりしていると見逃してしまいます
suiren26.jpg

suiren23.jpg

池の側ではタチイヌノフグリが青い小さな花を付けています
葉の脇に柄の無い4mmほどの小さい花を付けるので全く目立ちません
tatiinunofuguri75.jpg

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2007/06/25(月) 06:01:23|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:4

雨竜沼湿原(3)

湿原まであとわずか、渓流側ではサクラが満開です
sakura140.jpg

湿原へ入りました、木道が何処までも続いています
situgen170.jpg

暑寒連峰を背景にミズバショウが盛りです
mizubasyou177.jpg

木道沿いの湿原は未だ花には早くショウジョウバカマ
の赤紫がアクセントを添えています
syoujyoubakama190.jpg

池塘も空を映して真っ青、空も青く緑が戻って来ました、展望台で床に足を投げ出してただぼんやりと半時間ほど過ごす。
situgen184.jpg

芽を出したばかりのイワイチョウのツヤのある厚い葉の群生の中に一輪白い花を見つけた
帰りがけのお土産のプレゼントだな「この花は」で湿原を降りた
iwaityou198.jpg

ウグイスの鳴声までが綺麗に聞こえるのは気のせいかな(笑)下山途中。
uguisu217.jpg

雨竜沼湿原これで終わりです(^^♪

テーマ:植物の写真 - ジャンル:写真

  1. 2007/06/20(水) 20:39:18|
  2. 野の花
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

雨竜沼湿原(2)

湿原までの登山道脇には色々な花が咲いています
ハクサンチドリです
hakusantidori28.jpg

サンカヨウです
sankayou48.jpg

オオバミゾホオズキです
oobamizohoozuki55.jpg

エゾノリュウキンカです
ezonoryukinka69.jpg

ヒメゴヨウイチゴです
himegoyouitigo101.jpg

白竜の滝です。ここから湿原まで1,8キロメーターの標識ありました。
taki72.jpg

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2007/06/19(火) 21:30:15|
  2. 野の花
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

雨竜沼湿原(1)

雨竜沼湿原へ4年振りに行って来た
山開き最初の日曜でもあり込みあっていた
入山記帳をして早速写しながら歩き出した、又春へ舞い戻ったようで
登山道沿いにニリンソウシラネアオイエゾイチゲミツバオウレンが今を盛りと咲き誇っている
桜の花の咲く季節へタイムスリップだ
midorinirinsou43.jpg

siraneaoi144.jpg

ezoitige159.jpg

mitubaouren166.jpg

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2007/06/18(月) 23:53:44|
  2. 野の花
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

ヘラサギ

北海道にもヘラサギがいるんだね~
ダイサギを写したつもりがヘラサギだった、遠い所をお疲れ様(笑
こちらも遠いよ少しは近くへ寄ってくれ!
herasagi26.jpg

herasagi14.jpg

herasagi11.jpg

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真

  1. 2007/06/14(木) 17:05:15|
  2. 野鳥
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

鳶の狩り

旋廻していた鳶が突然水面へ、獲物キャッチ!
tonbi40.jpg

成功したけど重いな~ヨイショ藻がぶら下がってるんだ
tonbi44.jpg

藻だけじゃない獲物が大きいんだよな
tonbi45.jpg

テーマ:散策・自然観察 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2007/06/14(木) 16:50:16|
  2. 野の花
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

樽前山

樽前山へ一年振りに行って来ました。5合目付近で紫の花が目に入りました。やった~初見のミヤマハンショウヅル(深山半鐘蔓)だ。
この付近で熊出没の看板があったがそんな事はお構い無しで写した
近くを歩くとあちこちに点々と地を這うように咲いている
以前から探していた花です、この花を写したらもう引き返しても良いと思った(笑)
miyamahansyouduru32.jpg

miyamahansyouduru18.jpg

miyamahansyouduru145.jpg

ウコンウツギが道路の両側を黄色く染めている
ukonutugi57.jpg

7合目のヒユッテに到着、駐車場はもう満杯状態だが指導員が空いている場所へ誘導してくれた、感謝。記帳して登りはじめ(^.^)
ミヤマハンノキの林の中にもウコンウツギが咲いていて、その林を抜けると樹林帯は終わりで展望台があるが生憎雲がかかって支笏湖や風不死岳は見えない
ミネヤナギの淡い黄色が咲いている
mineyanagi68.jpg

ガレキを進むとイソツツジが白い花を咲かせ
isotutuji55.jpg

ガスで眼鏡は曇りコメバツガザクラが点々と張付くように必死に咲いている
komebatugazakura92.jpg

komebatugazakura89.jpg

風は益々強くなり吹き飛ばされそうだ
天気が良ければ支笏湖も太平洋も見えた筈なのに、外輪山からも何も見えない残念・・渋々下山しました
あっという間に展望台まで下は穏やかでした、かすかに支笏湖が見える展望台で一休みしているとエゾシマリスが警戒しながらも側へ寄ってきて疲れを癒してくれました、エゾシマリスさんありがとう!!
ezosimarisu93.jpg

千歳市は良い天気でした。

テーマ:野草・雑草 - ジャンル:写真

  1. 2007/06/11(月) 19:01:54|
  2. 野の花
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

スズムシソウとセイタカスズムシソウ

スズムシソウは山地の林内に自生する、高さ15~30センチのラン科の多年草。唇弁は淡暗紫色でこの個体の唇弁の
長さ17mm幅15mm、背丈20センチでした。イメージはずんぐりむっくりとしたイメージで花数10ヶでした。
唇弁は透き通っていて側がく片が透けて見え、網状脈が血管のように浮き出てまるで昆虫の羽でも見ているようです。
suzumusisou72.jpg

suzumusisou98.jpg

suzumusisou31.jpg

同じ属にセイタカスズムシソウ
が有りますがスズムシソウより花期が少し遅く、唇弁の長さ約8mm、幅6-7mmと小さく見た目にはスズムシソウの唇弁の三分の一か四分の一に感じられます。
seitakasuzumusisou47.jpg

seitakasuzumusisou35.jpg

seitakasuzumusisou75.jpg

テーマ:野草・雑草 - ジャンル:写真

  1. 2007/06/09(土) 22:36:25|
  2. 野の花
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

様似アポイ岳

先日エゾオオサクラソウが見たいと思って様似へ行って来ました
途中鵡川のタンポポ公園へ初めて寄りました
鵡川河口はるか向こうまで一面の黄色でした
tanpopo6.jpg

様似へ着くのが遅くなってしまいました。アポイ岳麓から早速サクラソウが咲き乱れています。どの花を写すか迷ってしまいます(笑)
ezooosakurasou084.jpg

夢中で写しまくっているとエゾシカがいることに気が付きました
無視して花を写していると横目で警戒しながらもどんどん近づいて来ます。出たばかりの新芽を食べるのに一生懸命ですエゾシカを時々パチリ。
ezosika7.jpg

ezosika69.jpg

エゾオオサクラソウに圧倒され写し続けていると頂上まで2キロくらいの所で4時になってしまいました
この日は残念ながら戻ることにしました
エゾオオサクラソウ

下山の途中にある熊よけ鈴ならぬ半鐘みたいな熊よけ鐘を感謝をこめて
思い切りならして帰ってきました
最後の下山者でした
エゾオオサクラソウ

テーマ:山野草 - ジャンル:写真

  1. 2007/06/07(木) 06:42:45|
  2. 野の花
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

判官館森林公園

新冠町の判官館森林公園へ行ってきた。「はんがんだて」と読みます。判官とは源九郎判官義経が頼朝の迫害を逃れ北上この地に館を
建てたことに由来するそうです。海に突き出た広大な丘陵地が公園です。新冠町といえば馬産地として有名である。ナリタブライアン、ハイセイコーもこの町の出身だ。
行った時はオオバナノエンレイソウは旬を過ぎていたがサクラソウが満開を迎えていて圧倒される
sakurasou18.jpg

sakurasou33.jpg

sakurasou38.jpg

可憐な花に似合わず葉や茎は毛で包まれている
sakurasouha12.jpg

オオバノエンレイソウは終わりを迎え花弁がピンクになってきている
oobananoenreisou81.jpg

頭の上では小鳥の鳴声で賑やか、近くへ来た小鳥をパチリキビタキかな?
kibitaki48.jpg

案内板に従って判官岬へ赤いツツジが満開で素晴らしい自生のツツジのようだ
tutuji57.jpg

hanganmisaki55.jpg

太平洋を一望に望めて雄大だ、目も眩むような岸壁下を恐る恐る覗き込むとカモメが営巣中だ
kamome62.jpg

岬を後にして引き返す、カタクリが実を結んでいる
katakuritane25.jpg

湿原の案内板がある、こんな所に湿原が??下がって行くと散策路脇に黄色い花が眩しいハイキンポウゲのようだ

haikinpouge85.jpg

入り口にオタッペ湿原の案内板が
takoppesitugen89.jpg

立派な木道が設置されている。ミズバショウの葉がかなり大きくなり
エゾノリュウキンカが殆ど花をおわっている
mokudou119.jpg

ヤチボウズが坊主頭のてっぺんに毛を生やし始めてふさふさしている
yatibouzu3.jpg

テーマ:山野草 - ジャンル:写真

  1. 2007/06/04(月) 06:41:32|
  2. 野の花
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

プロフィール

minamina117

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

カレンダー(月別)

05 ≪│2007/06│≫ 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

フリーエリア

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。